英語のシャドーイング、レベル別おすすめ教材とやり方のコツ♪

asukaです。

 

英語を勉強している方であれば、シャドーイングをご存知の方も多いかもしれません。

シャドーイングとは、流れてくる英語の音声そのをまま声に出して言うというトレーニング方法です。

最後まで音声を聞いてからリピートするのではなく、聞き取りながら即口に出して繰り返していきます。

 

シャドーイングを行うことにより、以下のような効果が期待できるんです。

(あくまで経験に基づいた個人的な意見なので、人によって違うかもしれませんが、悪しからず・・・)

 

・リスニング力アップ

・集中力アップ

・“英語を話す口”が鍛えられ、流暢さアップ

・レスポンスが早くなる

・自然な英会話が身に着く

 

でも、

 

「シャドーイングって難しくてできない!」

「どんな教材使ったらいいの?」

 

と、つまづく方も多いかと思いますので、今日はレベル別のお勧め教材とその勉強法のコツを、私の実体験をもとにご紹介したいと思います!

 → 日本人英語から脱却した私が実践していた英会話の勉強・練習法♪

Sponsored Link

シャドーイング初心者にお勧め:TOEICの教材CD

英語の勉強を始めたばかりの方は、「よし!シャドーイング始めるぞ!」といきなり洋画のDVDを借りてくるのは是非やめていただきたいです!

なぜなら、いきなりそんな難しいところから入っても、効果を得られるどころか、全然できなくて挫折してしまう可能性大だから。

 

私が初心者の方にお勧めするのは、TOEICの教材CDです。

 

TOEICのリスニングは、実際の英会話と比べてかなりゆっくりですし、ハッキリと明確に、正しい文法で英語を話してくれていますので、初心者の方が初めてシャドーイングをするのにはもってこいなんです。

 

自信がない方はpart1やpart2の短文で、慣れてきた方は長文問題から一つ選んでやってみて下さい。

 

やり方としては、

 

①まず英語のスクリプトとその日本語訳を確認します。

②日本語の意味を理解した上で、まずはスクリプトを目で追いながら音声を聞きます。

③最後に、スクリプトを見ないでシャドーイングしてみます。

 

ポイントは、噛まずに言えるようになるまで同じ音声を繰り返すこと。

 

これに関しては賛否両論あるかもしれませんが、私は同じ音声、例えばパート3やパート4から選んだ長文一つをしつこく何度も聞いてシャドーイングすることにより、

 

・英語特有のリンキング(単語同士の音の連結:「pick up → ピカップ」)がスムーズに言えるようになった

・トレーニングの前は聞き取れなかった音、例えば「the」や「a」といった冠詞も聞き取れるようになった

 

といった効果がありました。

TOEICの教材を持っていない方は、Youtubeでも音声がアップされているようですので使ってみてください。

私が検索して見つけた音声↑ですが、英語のスクリプトは画面に出てきますが日本語訳がないので、自分で訳を確認する必要があります><

Sponsored Link

シャドーイング中級者にお勧め:英語ニュース

中級者の方にお勧めなのが、CNNやBBCなどのニュースのシャドーイングです。

 

TOEICの教材とは違い自然な英語ですし、スピードも上がって難易度がぐっと高くなりますが、ネイティブ同士の会話ほど早すぎず、クセも少ないので、シャドーイングはやりやすいと思います。

 

私が使っていた教材は、CNN English Express という、月刊誌。

本屋さんに行けば大体売っていますので、見たことある方も多いかもしれませんね。

http://ee.asahipress.com/

 

この教材では「ウォーミングアップ編」、「実践編」、「強化編」と段階的に分かれています。

 

ウォーミングアップ編」では、20~30秒程度の短いニュースを素材としていて、ナチュラルスピードの音声とゆっくりスピードの音声が収録されています。

ニュースのシャドーイングが初めての場合でも、簡単なところから慣らしていくことができますし、練習のはじめにウォーミングアップとして使うのにもちょうどいいコンパクトさです。

 

実践編」では、3分前後の長めのニュースが収録されています。

 

強化編」ではインタビューやスピーチなど、ネイティブの日常会話に極めて近いものが収録されているのですが、中級レベルの方には「強化編」は難しすぎると思いますので、慣れるまでは「ウォーミングアップ編」と「実践編」でシャドーイングするといいかと思います。

 

英語のスクリプトと日本語が並列されていて、単語の説明もしっかりついていますので、とても使いやすい教材です。

もちろん、無料の英語ニュースアプリやYoutubeなんかを使ってもいいと思いますよ^^

 

この教材で私がお気に入りだったのは、1.5倍速で聞けるニュースの音声がいくつか収録されていること。

ただでさえ聞き取るのが難しいニュースなのに、1.5倍速なんて無理無理!と思うかもしれませんが、少しずつでいいのでシャドーイングにチャレンジしてみてください。

全部聞き取れなくても、大丈夫です。

何度かチャレンジしてからノーマルスピードの音声を聞いてみると、びっくりするほどゆっくり聞こえるんです!

この感覚、ぜひ味わってみてもらいたいです!

Sponsored Link

シャドーイング上級者にお勧め:洋画や海外ドラマ

いよいよ上級者編ですが、上級者ともなればすでにリスニング力も単語力もかなりついてきていると思います。

上級者の皆さんに是非トライしてもらいたいのが、洋画や海外ドラマのシャドーイング

 

生の英語ですのでかなり早いですし、文法も学校で習ったものとは違い省略されていたり、発音もはっきりしないものばかり。

できるだけ日常生活の場面が多い映画やドラマをチョイスすると、そのまま英会話で使えるフレーズがたくさんあるのでいいかもしれませんね!

がっつりSFものだったり裏社会的なものだと、日常からかけ離れてしまって使えない会話表現ばかりになってしまうので^^:

 

私は1~2分くらいのお気に入りの場面を選んで、そこを繰り返し何度もシャドーイングして練習しました。

言えるようになるまでやると、普段使っていない顔の筋肉を使うのか、とても疲れるんです!

 

ここで重要なのは、ただなんとなくシャドーイングするのではなく、英語特有のイントネーションやリズム、アクセントや発音などをできるだけ丁寧に聞き取り、忠実に再現することを意識して行うこと。

 

そうすることで、生の英語を聞き取るリスニング力、流暢さ、そして英語らしい英語を話せる力が格段にアップします!

 

DVDを借りてきて、日本語字幕で見て話の内容を理解してから英語字幕に切り替えて練習するのがいいかと思いますが、Huluでも一部日本語字幕と英語字幕を切り替えられる洋画・海外ドラマがあるみたいですよ。

 

 

いかがでしたでしょうか。

シャドーイングを英語学習に取り入れることで、英語力はかなりアップします。

いきなり難しいものにチャレンジするとイヤになってしまいますので、段階を踏んで少しずつ慣らしていってくださいね!

 

(written by Asuka)

Sponsored Link


[ 英語のシャドーイング、レベル別おすすめ教材とやり方のコツ♪ ]asuka,英語学習いろいろ2018/01/02 22:38