【32歳からのイギリス大学院留学② 】IELTS初受験!TOEICよりはるかに難しい!

こんにちは!イギリス在住Sanaです。

今年の秋に英国大学院留学に向けて、留学エージェントの力を借りつつ、急ピッチで出願準備を進めています。

通常であれば入学年の前年秋には出願することを進めているので(今年の秋入学の場合は昨年の10月頃には出願するのがベストでした。。)私はかなりの遅れをとっている状態です。

私よりも留学エージェントの担当者が焦っています。(笑)

 

さて、英国の大学院留学の入学に際し、いくつかの応募条件があり、その中の1つに英語力があります。

ほとんどのイギリスの大学はこの英語力証明のためにIELTSテストを指定しており、入学のためには大学側が定める一定のスコアを取得する必要があります。

 

私の大学院はIELTSのスコア6.5以上。

TOEICは十日回以上受けたことがありますが、私はIELTSは初めての受験でした。

先週受験し、初めて受ける者の視点として、事前に理解しておくと安心なIELTSのルールや基本情報、アドバイスをまとめてみましたのでご参考にしていただければ幸いです。

ただし、私はイギリス オックスフォードで受験したため、これから私がご紹介することはもしかするとオックスフォード会場独自のルールの可能性がありますので、IELTSを受験される際は改めてルールを担当者等にご確認くださいね。

参考:【32歳からのイギリス大学院留学⑤】IELTSのおすすめ勉強法

   【32歳からのイギリス大学院留学⑥】IELTSは日本で受験した方が簡単?

 

Sponsored Link

 

IELTSテストの基本説明

IELTSは主に3種類あります。

1.IELTS General
2.IELTS Academic
3.IELTS UKVI

です。

1のGeneralは、主に移住のビザを取る際等に利用、そして私のように留学を希望の場合は2のAcademicもしくはUKVIを利用します。

 

注意いただきたいのは、受験する大学に必ずacademicかUKVIどちらを受ける必要があるか確認してください。

 

この2つはテスト内容はほぼ同じですが、受験日時も受験料金(UKVIの方が約1万以上高いです)も全く異なります。

そして大学によってUKVIでないと学生ビザが取れないorUKVIでなくてもIELTS Academicで学生ビザが取れるかが異なります。

 

私は受験予定の大学に問い合わせたところ、IELTS Academicでも大丈夫だったので今回はIELTS Academicを受験しました。

IELTS は、上記3種類いずれもリスニング、スピーキング、ライティング、リスニングの4つのセクションに分かれています。

 

スピーキングテスト

スピーキングテストは、リーディング他3つのテストと別の日に実施されました。

私の場合、スピーキング以外は土曜日、スピーキングは同じ週の木曜日。

以下事前に知っておくべきことをまとめます!

 

・テスト日時はの約1週間前にメールで通知される(私は2/14にテスト日は2/21と連絡があり)

・テスト日はだいたい本テスト(リスニング等)日の1−3日前に設定されるためテスト1週間前には予定を入れないようにすることをおすすめします

・会場には開始時間の1時間前に到着しておくようにする。(IELTS側から指示がありました。指紋認証、パスポートの確認等に時間を要するようです)

・スピーキングテスト中は内容をボイスレコーダーで記録される。

・テスト会場にはメモやペンは持ち込み不可、試験官から渡された筆記用具を使用する。

 

Sponsored Link

 

リスニング、リーディング、ライティングテスト

リスニング、リーディング、ライティングの3つは同日に実施され、順番は上記の通りでした。

休憩はありませんでした。

・会場に持ち込めたものは、パスポート、えんぴつ、えんぴつ削り、消しゴム、ペン、シャープペン、シャープペンの芯、透明な容器に入った飲料(ペットボトルのラベルは剥がす)、コート(会場が寒かったので持ち込んで大正解でした)

※時計は持ち込み不可、薬を要持ち込みの場合は試験官が預かる

 

・リスニング

30分(その後10分間の問題用紙記入時間があるため計40分)。

問題用紙にメモをとってもいい。

音声は1回のみ再生。

リスニングテスト最後に解答用紙への記入時間10分間が付与される。

マーク用紙でなはく書き込み式(単語を記載する問題もあり)。

えんぴつもしくはシャープペン利用。(ペン不可)

 

・リーディング

1時間。

3つの長文問題が出される。

問題用紙に書き込み可能。

マーク形式ではなく書き込み式。

えんぴつもしくはシャープペン利用。(ペン不可)

 

・ライティング

1時間。

Task 1 と2があり、解答用紙の色が異なる。

えんぴつ、シャープペンに加えペンの使用可。

 

IELTSはTOEICよりもはるかに難しい!早めの学習を!

IELTSの試験を受けての全体的な感想は、TOEICよりもはるかに難しかったです。

そして初めてだったということもありかなり緊張して自分の力が出せなかったように思います。

初めて受験の方は、経験のために早めに一度受けておくことをおすすめします。

(私は受験料が高額だったため、勉強時間を十分に確保できる日程を選びましたがもっと早くに1度受けておくべきだったと思っています。。)

TOEICを受けたことがあるからIELTSも大丈夫と思っているみなさま、IELTSの方がはるかに難しいです!!

ぜひ早めの学習をおすすめします!!

 

(written by Sana)

Sponsored Link


[ 【32歳からのイギリス大学院留学② 】IELTS初受験!TO... ]Sana,留学2018/02/27 14:25