日本に一時帰国して購入したもの!何で買ったの?持ち帰る時の工夫!

アメリカ在住のYonaです。

先日、日本に2週間ほど帰国しました。

その際に自分用に食品洋服などをたくさん購入しました。

ということで今回は、海外在住者の私が日本で何を購入したかをご紹介します。

購入した理由持ち帰る際の注意点などもご紹介しています。

もうすぐ帰国予定の方や、海外に住むお知り合いに何か送ってあげたい方の参考になれば幸いです。

Sponsored Link

食品

私が、日本に帰国して真っ先に行ったのはスーパーでした。

インスタント食品調味料お菓子などを購入しました。

買ったものの詳細はこちらです。

・酸化防止容器に入った醤油、めんつゆ、ポン酢
・和風ドレッシング
・インスタントうどん、そば
・フリーズドライのお味噌汁、お吸い物
・レトルトのお惣菜、缶詰
・お菓子(おかき、チョコレート)

 

もちろん、これらはアメリカでもスーパーや日本食品店で購入することができます。

ただ、私の町は日本人の割合が少ないので日本に住んでいた時と同じように買い物をするのは難しいです。

値段が2倍ぐらい高かったり、種類が少なくて自分が好きな商品が手に入らないこともあります。

そのため、たくさんの種類の中から自分の好きなものを選べる!しかも安い!というのは、私にとっては本当に幸せなことなんです。

今回の帰省では必要なものをできるだけ買ってストックしておこう」と決めていました。

 

とはいえ、キャリーケースには、重さにもスペースにも制限があるのであまりたくさん買うことはできません。

旅行に来る前に家のストックを見ながら欲しい物リストを作成したり、アメリカ国内に持ち込めない物を確認したりしておいた事が取捨選択に非常に役立ちました。

 

欲しい物リストを作っても、いざスーパーでたくさんの商品を目の前にすると目移りしてしまうものです。

私は、リストにあらかじめ優先順位をつけておきました。

絶対欲しいもの、できれば欲しいもの、キャリーケースにスペースがあれば入れて帰りたいものの3種類の印を付けて、その上で欲しいもの順に並べておくと便利です。

 

また、商品を選ぶ際に最も注意すべきなのが帰国時に持ち込みが可能か否かです。

アメリカには肉や肉エキスが含まれている物は持ち込めません。

従って、ラーメンカレーなどは買っても没収される可能性が非常に高いです。

帰りの空港で悲しい思いをしたくなかったので、材料表示はしっかり確認して買い物しました。

 

持ち帰る時、食品は他の荷物に圧迫されないようにキャリーケースの上の方に入れておきました。

液体物はビニール袋などに入れておくと安心です。

お菓子やうどんは中身が割れないように袋タイプではなくカップや箱に入った物を購入しました。

唯一おかきだけは袋に入ったものしか買えなかったので一部粉々に割れてしまっていましたが、ほとんどきれいに持ち帰ることができました。

Sponsored Link

食器

買ったのはお茶碗お箸です。

今住んでいる家にも茶碗とお箸はあるのですが、日本にいる頃から使っているものなのでそろそろ変え時だったのです。

 

アメリカでも日本食品店に行けばお茶碗もお箸も購入できます。

私の町の日本食品店に売っているのは私にとっては高級なものだったので購入しませんでした。

またAmazon.comでも取り扱いはあるのですが、実際に手に取ってサイズ感を見たかったので通販での購入はやめました。

帰省まで待ったおかげで、良いものをお手頃価格で買うことができました。

 

ただ、問題は持って帰る時に割れないかどうかです。

お店の方に事情をお話したら、箱に隙間なく緩衝材を入れて包装をしてくださったので、その上からまた自分で緩衝材を巻いておきました。

キャリーバックに入れる時も服と服の間に埋めるようにして入れておきました。

空港で荷物を開けられて色々探られたりすることもなかったので、傷一つ無く持ち帰ることができました。

協力してくださった優しい店員さんに感謝です。

Sponsored Link

洋服、アクセサリー

春物の服ピアス、ネックレス、ヘアアクセサリーを購入しました。

日本のファッションが大好きで洋服やアクセサリーはできるだけ買って帰ろうと決めていたので、ものすごくたくさん持って帰ってきました(笑)

アメリカのファッションは日本のファッションとは少し違ってシンプルでセクシーでかっこいい服が多い気がします。

洋服もアクセサリーも自分の好きなテイストとは少し異なります。

もちろんアメリカのテイストも素敵だとは思うのですが、私の身長や体形に合わせるのが難しく着られる服が限られてしまうのが難儀でした。

帰省時には既に春物の薄手の洋服が出ていたので、1年の8割は暑いテキサスで使いやすい洋服がたくさん手に入りました。

海外発送に対応している日本の通販サイトもありますが、手数料が高いのでこういう機会に買って帰れて本当に良かったです。

 

また、ヒートテックウルトラライトダウンのような防寒着も購入しておきました。

普段暑い地域に住んでいるとはいえ、突然来る寒さへの備えは必須です。

私が住んでいる地域は秋頃になるといきなり気温が大幅に下がって数日間だけ寒くなり、また半袖で過ごせるほど暖かくなることがよくあります。

また暖かさが戻ってくるから衣替えもできないし…という時に今回買ったヒートテックを役立てようと思います。

 

日本語の本が欲しいと思い本屋にも行きました。

買ったのは、英語とスペイン語の参考書と趣味のパソコンに関する本です。

私は普段英語の本を読むようにしていますが、どうしても日本語の本が欲しい時はKindleを利用しています。

ただKindle版に対応している参考書は限られているし、Kindle版があってもハイライトや書き込みができないものが多いのがネックでした。

また、Amazon Japanで本を購入してアメリカに送ったこともあるのですが、配送料が高い上に表紙の角が折れていたのでそれ以降購入はしていません。

 

持って帰る時は全てブックカバーをかけて表紙や帯を守りつつ、ビニール袋に入れてページが折れないようにしました。

また、他の荷物に押されて跡が付いたりしないようにキャリーケースの前ポケットに入れたことで傷をつけずに持ち帰ることができました。

 

その他

他にも文房具化粧品キャラクターのマスコットなどを購入しました。

これらは理由が「ただ欲しかったから」で、持ち帰る際も何も工夫していないので詳細な説明は割愛させていただきます。

 

いかがでしたか?

今回は海外在住者が日本で購入したものをご紹介しました。

これから帰国される方は、限られた時間、スペース、重量の中で満足できる買い物ができるようにお祈りしております!

 

(written by Yona)

アメリカ合衆国テキサス州在住。
メキシコ系アメリカ人の主人と結婚後、渡米。
現在、スペイン語習得に向けて勉強中。

アメリカやメキシコの文化・イベント、日常会話で使える表現・単語を紹介しています。

ライターYonaの記事一覧はこちらから!!

Sponsored Link


[ 日本に一時帰国して購入したもの!何で買ったの?持ち帰る時の工... ]Yona,海外生活2018/03/01 10:45