Beat the trafficなど車の運転に関する英語表現♪【国際結婚と海外子育てに超使える英会話】

オーストラリア在住Tinaです。

独身のときは車を持っていなかったのでバス電車での移動でしたが、

子供が生まれてからは車での移動がほとんどになりました。

 

バスや電車が時間通り来なかったり、うちの最寄り駅はほぼ無人に近い駅で階段しかないので、

ベビーカーを運びながら子供も抱っこはきつすぎて渋々運転をし始めたのですが、

普通の道路でも制限速度が60km(朝9時までや午後2時から学校の近くは40km)だったり、

日本にはあまりない環状交差点などにかなりとまどいました!

 

そしてかなりアグレッシブであまり待ってくれないドライバーも多く、

窓を開けてわざわざ文句を言われたり中指を立てられた経験もあります。

たまに日本に帰って運転すると、道は狭いですが、優しいドライバーが多いように感じます。

 

今回は、車を運転する際などに使う英語をご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

Beat the traffic 渋滞を避ける 

Beat the trafficで、「渋滞を避ける」。

主人がよく使うのですが、最初聞いたときは、

へぇーbeatってそう使うんだ!

と思いました。

 

A: Why are you getting up so early? 
なんでそんなに早く起きるの?

B: I want to leave early and beat the traffic.  
早く家を出て渋滞を避けたいんだ。

 

 

Sunday driver 休日だけ運転する人/運転技術が未熟な人

恐らく私自身が言われていそうな...

Sunday driver 「休日だけ運転する人/運転技術が未熟な人

 

Ex: I am sorry I am late, but these Sunday drivers slowed me down.
遅くなってごめん。サンデードライバーがいてなかなか進まなくてさ。

 

 

Backseat driver

知っていると便利でネイティブもよく使う、Backseat driverは、

運転の指図をする人・頼んでもいないのに忠告をしてくる人・おせっかい

 

Ex: My dad is a backseat driver. He makes me nervous when I am driving.
うちのお父さん運転に口出しするんだよね。乗せると緊張しちゃうんだよ。

 

Ex: I am a terrible backseat driver as I always know  another, faster, better route, so I prefer driving myself.
私、道に詳しいからついつい余計な口出ししちゃうんだよね。だから自分で運転していた方が気が楽なの。

 

Sponsored Link

 

車に関する和製英語 ハンドル、フロントガラス、サイドブレーキ

車に関する和製英語、つい言ってしまいがちです。

 

ハンドルは、steering wheel または、

the wheel ( the をつけないと車輪になるので注意!)

です。

 

フロントガラスは、wind shield , 

サイドブレーキは、parking brake / hand brake ,

アクセルは、accelerator

です。

 

 

オーストラリアに移住して6年近くなりますが、まだまだ日々英語の勉強です。

ぜひ使ってみて下さいね。

 

参考:オーストラリアの保育園・室内遊び場事情【国際結婚と海外子育てに超使える英会話】

 

(written by Tina)

 

オーストラリアに移住して6年目。
オーストラリア人の旦那さんと国際結婚し、現在、ブリスベンにて2児の子育て中!

国際色豊かなママ友との会話から子育て中につかえる言い回しや、
国際結婚でのちょっとした嫁姑問題、恋愛中の口喧嘩などなど、海外生活エピソードをまじえながら、超使える英会話Tipsを紹介しています!

ライターTinaの記事一覧はこちらから!!

Sponsored Link


[ Beat the trafficなど車の運転に関する英語表現... ]Tina,日常・旅行英会話,海外生活2018/03/16 09:21