Authenticの意味と用法!私の町のラーメン事情

アメリカ在住のYonaです。

先日、私の町に最近できたラーメン屋さんに行ってきました。

レストランの名前には日本のよくある苗字が使われていて、紹介文には

「Authentic Japanese Ramen」

の文字が!

 

ここはもしかして日本人の方がやっているお店か?トライしてみなければ!

 

とワクワクしながら行ってみたのですが、残念ながら全然全くAuthenticではありませんでした。

 

ということで今回は、

・Authenticの意味と用法
・私の町のラーメン事情

をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

Authenticとは

Authenticとは、「本物の」「本物に近い」という意味で使われる形容詞です。

類語はGenuineでこの言葉とは代替的に使うことができます。

具体的には

・事実と合っていて信用できる
・オリジナルの特徴を再現しているもの
・オリジナルと同じ方法で作られたもの
・偽物ではない

のような意味を持っています。

順を追って説明していきます。

 

1.事実と合っていて信用できる

例えば

That movie shows a very authentic picture of 1920’s Japan.
(あの映画は1920年代の日本をうまく再現している。)

というと、

この映画は1920年代の日本の生活や風景をきちんと調べて事実に則したストーリー作り、道具作りや役作りをしている

という意味になります。

映画からリアリティーが感じられるのでしょう。

 

2.オリジナルの特徴を再現しているもの

例えば美術館にある印刷ではない、本物そっくりなモナ・リザのレプリカを見て、

This Mona Lisa is very authentic.
(このモナ・リザは本物のですね。)

というと、

そのレプリカを描いた人は特徴をしっかり捉えてかなり忠実にモナ・リザを再現した

という事になります。

 

3.オリジナルと同じ方法で作られたもの

スポーツ好きの人ならチームのオフィシャルジャージを購入する際にAuthenticReplicaという単語が書かれているのを見たことがあるのではないでしょうか?

 

Authentic選手たちが着る本物のジャージのように作られています。

そのため少しタイトなカットになっていたり、スポーツにあった様々な加工が施されています。

対して、Replicaデザインのみを真似たものであることが多いです。

そのため特別な加工はされておらず普段着に着られるようになっています。

 

I bought an authentic Texas Ranger’s jersey.
(テキサスレンジャースの本物のジャージを買ったよ。)

 

4.偽物ではない

This is an authentic Japanese sword.
(これは本物の日本刀だ。)

というと、レプリカじゃなくて本物の切れる日本刀だという意味になります。

 

Authentic Japanese Ramenのように料理に使われる場合は、3と4の両方の意味を持っているように思います。

We serve authentic Japanese food.
(私たちは本物の日本料理をお出ししています。)

というと、和食風ではなく本場の日本人たちが作る料理というイメージです。

例えばシェフが日本で料理の修行をした人なのかなと思います。

もちろんお客さんは本場の味を期待してお店にやって来るという事になります。

 

余談:人に使う場合

また、Authenticは人にも使えます。

You’re authentic.と言うと、その人は自分に嘘をつかない人、自分の感情に正直な人という意味になります。

また、Be authentic!というと自分に嘘をつかずにあなたらしくいましょうというような意味になります。

この言葉もよく使われます。

 

Sponsored Link

 

私の町のラーメン事情

私が住んでいる町には日本人があまり居ません。

大都会ではないので日本人で住んでいる人も少ないですし、観光や仕事で訪れる人も少ないです。

 

それでもこの街にはラーメン屋さんが数軒あります。

全てのお店を試したわけではありませんが、美味しいと言われている評価の高いお店には大体足を運びました。

 

しかし、どのお店も味は全くAuthenticではありませんでした。

アメリカっぽく(テキサスっぽく?)アレンジされているか、中国系のスパイスが大量に使われているかのどちらかという印象です。

特に豚骨ラーメンは味や濃さを抑えたラーメンを出す店も少なくありません。

どうも「味が濃すぎる」とか「脂っこすぎる」「塩辛すぎる」というクレームが入りやすいようです。

特に私はこってり派なので物足りないです(笑)

 

ラーメン屋もビジネスなので本場の味を追求するよりもお客さんに求められる味を作るのに精を出します。

そのため、日本人の少ないこの町で日本で食べ慣れたような味を求める方が無茶なのです。

ただ、やっぱり今回のようにAuthentic Japanese Ramenを謳っているお店で全然違う味のラーメンを食べると

「日本のラーメンはこんなんじゃない!」

と言いたくなってしまいますね(笑)

 

車で数時間走ったところにある都会では、かなり美味しいラーメンが食べれると聞きました。

今度はそちらに行って美味しいラーメンを探してみたいと思います。

 

以上、Authenticの意味と用法、私の町のラーメン事情をご紹介しました。

 

(written by Yona)

 

アメリカ合衆国テキサス州在住。
メキシコ系アメリカ人の主人と結婚後、渡米。
現在、スペイン語習得に向けて勉強中。

アメリカやメキシコの文化・イベント、日常会話で使える表現・単語を紹介しています。

ライターYonaの記事一覧はこちらから!!

Sponsored Link


[ Authenticの意味と用法!私の町のラーメン事情 ]Yona,日常・旅行英会話,海外生活2018/09/21 06:24