“quite a bit”の意味は「たくさん」?「少ない」?

こんにちは!イギリス在住Sanaです。

最近のイギリスは本当に晴れの日が続いています。(風はとっても冷たいですが。。)

日が暮れる時間も少しづつですが遅くなってきました。

もうすぐ春ですね♪

 

さて、みなさんは

たくさんの

と英語で言う場合どの単語を使っていますか?

many〜またはa lot of〜」を使っている人が多いのではないでしょうか。

ちなみに私はよく「a lot of」を使っています。

しかし、イギリスでは実際の会話やニュースを見ると他の表現を使って「たくさん」を表していることが多いです。

どんな表現が使われているのかご紹介しますね♪

Sponsored Link

quite a bit (of ~)たくさんの

quite a bit 、これ、私の彼含め周りのヨーロッパ人の会話で非常によく聞きます。

はじめきいたときは、

ん?少ないって意味?

って思いましたが、よくよく話を聞くと「たくさん」の意味だと理解しました。

 

調べてみると、どうもこれはイギリス流の表現のよう。

1つ1つを辞書で引いてみると、、

quite aで「すごい、相当な、並外れた

bitは「すこい、わずかな

という意味があります。

つまり quite a bitは「並外れた、わずか」=たくさんになるのか!!

 

quite a bitを良く使う私のイギリス人友人に聞いてみたところ、a lot ofやmanyはストレートに「たくさん」という意味に対し、quite a bit「決して少なくはない=多い」というニュアンスになるので使い易いと言っていました。

控えめ感を出したいのでしょうか、わからなくはない気がします。

わからなくはないもquite a bitと同じくらい曖昧ですね笑)

 

以下いくつか例文をご紹介します♪

Do you have any friend in the company?
 (その会社で働いている友達はいますか?)

 Yes, quite a bit.
 (はい、たくさんいますよ)

I have quite a bit of good books.
 (私はたくさんいい本を持っています)

Sponsored Link

quite a few (of ~)たくさんの

quite a few、こちら、quite a bitととても似ていますね。

この表現もよく周りでききます。

fewbitと同じく「わずかな」という意味です。

使い方はquite a bitと同じく、例えば quite a few of people(たくさんの人々)という使いかたができます。

 

もちろんa lot ofmanyも使えますが、大学の講義やニュースなどフォーマルな場ではこのquite a bit(few)が使われていることが多い印象を受けますので、ぜひ使ってみてください♪

 

(written by Sana)

Sponsored Link


[ "quite a bit"の意味は「たくさん」?「少ない」? ]Sana,日常・旅行英会話,海外生活2018/02/04 17:30