「~すればよかった」I should’ve ~が超使える!

「~すればよかった(涙)」という後悔の表現^^;

I should’ve ~超使えることが分かりました^^

後悔ばかりしているみたいでアレですが、日々、小さな後悔、たくさんあるんですよね~^^;

Sponsored Link

「~すればよかった」I should’ve ~が、超使える!

塩原氏のスマホ留学、本日で42日目!

今クールは、I should’ve + 過去分詞 で、「~すればよかった・・」という後悔の表現です。

 

我が家のバイリンガルJK、私が、(また)絶賛英語勉強中♪ なのを知っているので、

「今は何やってるの?」

と聞いてくれます^^

 

母:「今はね、I should’ve やってるよー、~すればよかった、ってやつ!」

JK:「あ、アイシュダブね~、発音は人によって割と違うんだよね。」

母:「ほほう。おかーさんは、ずっと、アイシュドゥブだと思ってたよ・・」

 

で、母は、覚えたての6つの例文を、スマホの壁紙にしているイラストを見ながらしゃべってみる・・

 

「テストで0点を取ったことをMomに正直に話しておけばよかった!」

とか、

「もう一つ買っておけばよかった、そうすればもう一つタダでもらえたのに!」

とか、

「あのカバン買っておけばよかった!最後の一つだったのに売り切れてる・・」

とか。

 

JK:「あるあるだね!(笑)」

母:「そんなにあるあるか?(涙)」

 

正直、I should have +過去分詞 なんて、現在完了形なんて使ってて構文的には難しいし、実際はそんなに使えないんじゃないかね・・なんて考えてしまっていましたが、

JK:「めっちゃ使うよ」

と^^;

はい、塩原先生が、超厳選の貴重な30フレーズに、使わないものを入れるわけがありませんね^^;

失礼いたしましたm(__)m

Sponsored Link

I should’ve は、日々の小さな後悔に気軽に使う^^

母:「じゃぁキミは、いつもどんなシチュエーションで使うの?

JK:「朝、電車で寝てて乗り過ごした時、I should’ve slept earlier last night.

母:「・・・

JK:「夜、I should’ve finished homework earlier.

母:「・・・

JK:「〇〇がね、テスト返ってきた時、いつも言ってる。I should’ve studied more for my test!

JKは、帰国子女が3分の2を占めるという特殊な高校に通っているので、学校での日常会話が英語と日本語のmixらしいのです。

JK:「ギター教室の前、I should’ve practiced more.

母:「・・・

JK:「ね?実は単純で簡単でしょ?ほんと、めっちゃ使うんだよ!

母:「ま、まぁね。てか、キミらのshould’ve って、めっちゃかわいらしいね・・

JK:「I shouldn’t have ~ もよく使うよ!次はそれじゃない?

母:「え、、ほんとだ、明日からはそれ! キミがいつも言ってる、あんなにたくさん食べなきゃよかった、ってやつね^^

JK:「そうそう!

 

I should’ve ~、私ならどんな風に使うかなぁ。

 

帰りが遅くなって、夜ご飯をやっつけで作るハメになった時は、

I should’ve cooked dinner before going out!

スマホ留学のアウトプットをしないまま夜になってしまって、家族がうじゃうじゃでできないよー(涙)の時は、

I should’ve practiced English in the morning!

 

うん、確かに、結構使えるかもしれない(笑)

Sponsored Link


[ 「~すればよかった」I should've ~が超使える! ]スマホ留学実践記,日常・旅行英会話2017/06/15 09:43