「LがRの発音になってるよ」で、siriに拒否られた?

少しでも多く英語に触れるぞーー!と、iphoneのSiriの設定を英語モードにしている私^^

先日、ゆで卵をつくる時に、Siriちゃんにタイマーを設定してもらおうと、

Please time twelve minutes!

とお願いしたら、認識してもらえず(涙)

Sponsored Link

「LがRの発音になってるよ」

time が「時間を計る」という動詞としても使えることを知り、

Please time eight minutes!

で、8分のタイマー起動に成功して満足していた前回。

それなのに、なぜ今回は拒否られる??

と、ムキになって何度か繰り返したものの、無情なSiriさん(涙)

 

すると、ニヤニヤしながら聞いていたJKが、

Please 

と、ひとこと(涙)

どうやら、また、Lの発音がRの発音になっていたらしい(涙)

全然気付かなかった・・

 

 

母: Pleaseって、日本語の「リ」と一緒な感じでしょ?

JK: ちょっと違うよー。日本語の「リ」って、口を横に広げて舌をベタッと上の歯の裏にくっつけるけど、「L」は舌先をちょっとだけつける感じ。

母: ・・・・・

 

どうやら、私は、PleasePを日本語っぽく「プ」と発音しようとするから、「ウ」という母音が残ってRの発音っぽくなるのではなかろうか?というのが、私の見解。

フォニックスのP、破裂音・・

今後、意識します・・

Sponsored Link

Siriさんに拒否られた(涙)

Siriさんに時間を計ってもらおう♪

と、ちゃんと、Pleaseまでつけて、

 

Please time twelve minutes!

 

って言ったのに~。てか、前はこれでタイマーセットしてもらった記憶があるのだけど、今回はダメ。

 

いろいろ試して、結局、Lの発音に気を付けながら^^;、

Twelve minutes timer, please.

で、12分のカウントを開始してもらいましたが。

 

英会話に慣れるためにSiri様に英語で話しかけてるのに、結局、単語にplease付けただけって(涙)

 

Siriちゃん的には、Pleaseの発音よりも、time という動詞の用法が「I don’t understand」なようですね。

 

Set a timer for twelve minutes.

 

とかが確実みたいです。

でもなんか悔しいから、

Hey Siri!

Could you please set a timer for twelve minutes?

って言ったら、ご機嫌で、ソッコー一発でカウント開始してくれました。

 

ちなみに、

Timer twelve minutes.

でも、同じようにご機嫌で一発カウントダウンでした(涙)

 

「正しい」よりも「伝わる」の方が大事なのですよ♪

というコミュニケーションの基本の基本を、Siriさんに諭されたような、そんな気がしましたです(涙)

 

Sponsored Link


[ 「LがRの発音になってるよ」で、siriに拒否られた? ]英語学習いろいろ2017/09/15 11:05