暖炉に火を点ける?薪を割る?暖炉に関する英語

アメリカ在住のYonaです。

私が住んでいる場所では、数日前にいきなり寒くなりやっと冬を感じ始めました。

今の気温は5℃前後

数日前までは20℃あったので、5℃あっても寒すぎて外に出たくないほどです。

 

そんな我が家に寒くなると登場するのが「暖炉」です。

あの優しい温かさと、木の燃える香り…最高なんです!

ということで今回は、暖炉に関する英語をご紹介します。

Sponsored Link

暖炉は英語で?

暖炉」は英語でFireplaceと言います。

暖炉に火をつける」は

Start a fire in the fireplace
Light the fire in the fireplace

と言います。

 

When the weather gets cold, my dad starts a fire in the fire place.
(寒くなると、お父さんが暖炉に火をつけてくれます。)

私は主人の家族と住んでいるのですが、寒くなると必ず義父が暖炉をつけてくれます。

暖炉で温まりながら映画を見るって本当に幸せです!

「暖炉で温まる」は英語でWarm yourself by the fireと言います。

My dog likes warming himself up by the fire after walking in the cold.
(私の犬は、寒い中歩いた後に暖炉で温まるのが好きです。)

 

暖炉は、家全体を温かくするものではなく、暖炉の周りだけを温かくするものです。

家全体にはエアコンがかけて過ごしやすくしています。

 

薪は英語で?

薪(たきぎ)」は英語でFirewoodと言います。

薪を割る」は英語でChop woodもしくはChop firewoodと言います。

 

Chopping wood in the back yard is my husband’s job.
(庭で薪を割るのは主人の仕事です。)

 

薪は、コンビニやスーパーマーケットで簡単に手に入ります。

薪割をしなくてもそのまま暖炉に入れられるようになっています。

私の家では仕事の関係上、簡単に廃材が手に入るのでそれを割ってもらって使っています。

 

暖炉に薪をセットする」は英語でSet the wood in the fire placeと言います。

 

I need to set the wood in the fire place. It’s getting cold tonight.
(暖炉に薪をセットしなくちゃ。今夜は寒くなるよ。)

 

暖炉の火は放置していると弱くなってきてしまうので、薪を動かしたり足したりして調整しなければいけません。

薪を動かす」のはPoke the fireと言い、「薪を足す」場合はAdd some wood in the fireと言います。

 

余談ですが、海外映画やドラマで、暖炉の近くに傘立てのような物があるのを見たことがありませんか?

あれは暖炉用の道具セットで、たいていの場合は薪を動かすためのFire pokerや、薪を足すためのTong灰を掃除するためのBrushShovelが置いてあります。

Sponsored Link

灰は英語で?

」は英語でAshと言います。

I have to clean the ashes.
(灰を片付けなくちゃ。)

 

Ash数えられない名詞(Uncountable noun)です。

しかし、灰がたくさんある場合にはAshesと複数形にして使う場合もあります。

 

暖炉の大変な点といえば、灰のお掃除です。

部屋中に灰が飛ぶし、掃除機だけでは吸いきれないのでモップ掛けも必要です。

暖炉をつける時は毎日とっても丁寧に掃除しないといけないので大変です。

 

いかがでしたか?

以上、暖炉に関する英語をご紹介しました。

 

(written by Yona)

 

アメリカ合衆国テキサス州在住。
メキシコ系アメリカ人の主人と結婚後、渡米。
現在、スペイン語習得に向けて勉強中。

アメリカやメキシコの文化・イベント、日常会話で使える表現・単語を紹介しています。

ライターYonaの記事一覧はこちらから!!

Sponsored Link


[ 暖炉に火を点ける?薪を割る?暖炉に関する英語 ]Yona,日常・旅行英会話,海外生活2018/01/22 10:58