英語で「ICカードにチャージしたい!」”charge”以外の単語は?

えりっくです。

 

ICカードの普及が広まって、今ではバスや電車、地下鉄などの公共機関はカード1枚で利用できるようになりましたよね。

それは日本だけでなく海外でも同じで、私が暮らしていたニュージーランドのクライストチャーチという街でも”Metrocard”というバス用のICカードを使ってバスに乗っていました。

しかし、オートチャージやクレジット機能のない、残額が無くなるごとに入金をして使うカードを使っている方がほとんどだと思います。

入金は機械で簡単に出来ますが、入金を忘れたままバスに乗って、降りる時に「残高がない!」と焦った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

(私も日本のみならず海外でも「残高不足です」と言われたことが多々あります・・^_^;)

 

今回は、そんなとっさのときに使える、バスの運転手さんやバスターミナルの受付で入金をお願いするときに使えるフレーズをご紹介したいと思います☆

Sponsored Link

イギリス英語で入金(チャージ)を意味する単語は”top up”!

入金する、という意味で使われる英単語は色々あります。

 

日本ではcharge”(チャージ)が一般的に使用されていますよね。

海外でも使われますが、ほかにも”refill”を使う人もいます。

 

私もクライストチャーチで入金するとき、どの単語を使えば良いかわからなかったのですが、友人に教えてもらった単語は”top up”でした!

Top upは、「継ぎ足す」「一杯にする」という意味があるので、ICカードの入金にも使用出来るイギリス英語なんだそうです。

 

それでは次に、簡単なフレーズから丁寧なものまで、いくつか英文を載せていきたいと思います。

Sponsored Link

英語に自信が無いなら”Top up, please.”で充分OK!

「フレーズがスラスラ出てこない」

「緊張して噛んでしまって相手に伝わらない」

と、英語を喋るのがちょっと怖い・・という方は、カードを運転手さんに渡してシンプルにこう伝えましょう!

 

“Top up, please.”
(入金お願いします。)

 

こう言えば、相手が”How much?”(いくら分?)と聞いてくるので、金額を伝えて紙幣を渡せば入金してくれます。

Sponsored Link

”Could I get 20 dollars top-upped card, please?”その丁寧さに相手も思わず笑顔に!

日本では、たとえお客さんの態度が悪くても笑顔で応対、が基本ですが海外ではそうではありません。

嫌な客には店員も露骨に顔や態度や出して対応することが多く、チキンハートな私は店員に嫌がられない良い客になろうと必死でした。(笑)

 

ICカードの入金をお願いするときに、丁寧かつネイティブっぽい言い回しは無いか友人に尋ねると、こう言えば良いと教えてもらいました。

 

“Could I get 20 dollars top-upped card, please?”
(20ドル分入金していただけないでしょうか?)

 

このフレーズを言うと、相手の運転手さんもニコっと笑って”Sure!”(もちろん!)と言ってくれて、お互い気持ち良く取引が出来ました。^^

皆さんも、運転手さんなど人にICカードの入金をお願いするときに是非このフレーズを試してみてください☆

 

最後に、入金されたカードを返してもらうときに”Thank you!”とお礼を言うのを忘れないでくださいね。^_^

 

(written by えりっく)

Sponsored Link


[ 英語で「ICカードにチャージしたい!」”charge”以外の... ]えりっく,日常・旅行英会話2017/11/19 11:15