HIITやTABATAって何?腹筋、腕立て伏せなどのエクササイズを英語で

アメリカ在住のYonaです。

アメリカに来てから人生最高体重を更新し続けています。

最近さすがにこれではヤバイと気が付き、自分なりに運動を始めてみました。

 

ということで今回は、

・最近よく聞くHIITやTABATAって何?
・お家でできるワークアウトを英語で?

をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

最近よく聞くHIITやTABATAって何?

最近、筋トレやエクササイズのメニューに、

HIITTABATA

と書かれているのをよく目にします。

日本でもよくメディアに特集されていますよね。

 

HIITTABATAインターバルトレーニング(Interval training)と呼ばれるトレーニングに属します。

 

Interval trainingとは、休憩を挟みながら運動を繰り返すトレーニング方法の事です。

運動と運動の間にちょっとした休憩(インターバル)があるからInterval training。

この方法でトレーニングを行うことで、非常に効率的にたくさんのカロリーを消費できます。

 

HIITは、High-intensity interval trainingの略で、日本では高強度インターバルトレーニングヒットと呼ばれます。

HIITで行う運動は、高強度の激しい運動であることが特徴です。

息が上がる程の激しい運動を短時間行い、その疲れが回復しない程度の短い休憩をするというセットを繰り返します。

運動時間と休憩時間の長さに特に指定はありませんが、数十秒の運動に対し十秒程度の休憩を取るというメニューが多いです。

また、トレーニングメニュー全体の時間の長さは大体30分以下です。

話題の7分ダイエットTABATA TrainingはこのHIITに属するトレーニングの1つです。

 

TABATA Trainingは、日本ではタバタ式トレーニングタバタプロトコルなどと呼ばれています。

英語ではTrainingを省略して、TABATAと呼ばれることが多いです。

TABATAは、20秒の運動に対して10秒の休憩を1セットと考え、これを8セット行います。

運動内容はジョギングやエアロビクスなどの高強度の運動です。

8セット行っても4分しか運動しないので、4分ダイエットと呼ばれることもあります。

 

Sponsored Link

 

腹筋、腕立て伏せなど、お家でできるエクササイズを英語で

お家でできるエクササイズAt-home Workoutはどんなものがあるのかまとめてみました。

Sit-ups

筋トレと言えばコレ!

腹筋は英語でSit-upsと言います。

上体を全て上げずに浅く腹筋するのはAb crunches腹筋しながら横を向きツイストの動きを加えたものRussian twistsと呼ばれます。

また、上体ではなく足を上げて腹筋を鍛えるのはReverse crunchesと言います。

 

Plank

Plankは、体幹を鍛えるための定番のトレーニングです。

肘をついた腕立て伏せのような体勢でキープするだけなのですが、これがなかなかきついんですよね(笑)

横を向いて行うプランクSide plank足踏みするように交互に膝を曲げるのはMountain Climbersと言います。

 

Back extension

背筋は英語でBack extensionと言います。

背筋は通常手を耳の後ろに置いたり頭の後ろで組んだりして行いますが、手を前に出して足と腕の両方を上げる背筋の事をSupermanと呼びます。

 

Squats

スクワットは英語でSquatsです。

落とした腰を元に戻すときに飛び上がるのはJump squats腰をあまり深くまで降ろさないのはHalf squatsと言います。

また、壁に背中を付けて空気椅子のようにするのはWall sitと言います。

 

Push-ups

腕立て伏せPush-upsと言います。

膝をついた状態で行う腕立て伏せPush-ups on knees段差を利用して行う逆腕立て伏せDipsと言います。

また、腕立て伏せした後に起き上がってジャンプするのはBurpeesと言います。

 

Lunges

太もも周りを鍛えるランジは英語でもLungeと言います。

一歩踏み出す形で行うのがLungeですが、一歩後ろに下がる形で行うのをReverse lungeと言います。

またサイドに踏み出す形で行うLungeは足がクロスするのでCrossover lungeと言います。

 

Jogging in place

近くに走れる場所が無いという人は、その場で走るように足踏みしてみては?

その場走りは英語でJogging in placeと言います。

Jogゆっくり自分のペースで走るという意味ですが、全力疾走Sprintと言います。

従って、その場全力疾走Sprinting in placeと言います。

 

また、膝を高く上げる足踏みHigh kneesかかとがお尻に着くようにする足踏みButt kicksと言います。

 

Jumping Jacks

朝のラジオ体操でよくやったジャンプしながら腕と足を開いたり閉じたりするのは、英語でJumping Jacksと言います。

ちなみに縄跳びは英語でJump ropeと言います。

 

以上、HIITとTABATAについて、お家でできるワークアウトは英語でというのかをご紹介しました。

 

(written by Yona)

 

アメリカ合衆国テキサス州在住。
メキシコ系アメリカ人の主人と結婚後、渡米。
現在、スペイン語習得に向けて勉強中。

アメリカやメキシコの文化・イベント、日常会話で使える表現・単語を紹介しています。

ライターYonaの記事一覧はこちらから!!

Sponsored Link


[ HIITやTABATAって何?腹筋、腕立て伏せなどのエクササ... ]Yona,日常・旅行英会話,海外生活2018/08/27 18:05